読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

例えば私たちはスマホを使いこなす最初の世代

 

 

 

若い人は少なくとも先人を裏切って生きていかないといけない

 

確かに自分よりも長く生きている人はその分苦労も乗り越えてきていて知識も多いだろう

 

ただ、今の時代、今の最先端を使いこなし先鋭をきって生きているのは間違いなく若者だろう

 

 

 

しかし若者たちはそのことに気が付いていない

大人たちが大人たちは偉いという前提で育て教育するからだ

 

 

先人に習えることは今までのこと

 

これからのことは自分たちで学んでいかなくてはならない

そのことに気付いていないのは結構危ない気がする

 

 

 

 

 

どうしたら変えられるだろう

 

そればかり考えている。

 

 

 

明くる日がない、

 

 

 

あけましておめでとうございます。

 

 

 

クリスマスって言ってたら

早々に年が明けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の目標ってわけじゃないけど、

ふと思ったこと

 

 

クレイジーな人になりたい

 

 

 

 

クレイジーな人って恐いけど

エネルギーがすんごい

 

 

こうやって言ってる時点で

私はそういう人間じゃないんだろうけど

でもそうなりたいと思った

 

 

 

 

 

 

社会に出ることすら恐くて仕方ない私が

2017年果たして何ができるんだろうか

 

楽しみである

 

 

 

クリスマスの脅威

 

 

 

最近豪速で過ぎ去る情報に

社会というものを見て

 

 

急に怖くなる

 

 

 

 

 

社会ってこういうふうに出来てるんだって

思うのと同時に社会に負け始めてる

 

 

怖くてどうしょうもない

敵がとてつもなくでかい

 

 

 

 

 

こわくて寂しくて泣きたくなるけど

 

それでも負けたくないと言ってる自分がいる

 

 

と同時に少し迷い始める自分がいる

 

 

 

 

 

 

未来のことなんてわからなくて当たり前なんだ

怖くて当たり前

 

 

それでも頑張って生きるしかないんだ

 

 

 

 

生きるって大変なんだな

 

それでも人間は生かされる理由を探して

まだ迷いながら成長している途中なんだと感じる

 

 

 

 

 

JAPONISM

 

 

 

吐き気がするほど日本人が嫌いだけど

泣きたくなるくらい日本が好き

 

 

 

 

世の中は思ってたより現実的で全然キラキラしてなかったけどそんなに悪いものじゃなかった

 

 

 

 

適度に優しくて適度に冷たい

神様も案外人間的

 

 

 

 

 

 

複雑でいてすごく単純

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの矛盾を取り巻いて均衡を保つ

偶然は必然であり必然もまた偶然であること

 

 

 

掴めそうで掴めない

 

 

 

 

 

今もまだ人は発展途上なんだろう

 

 

 

 

私は負け犬

 

 

ライブに来ています

 

最速CD封入先行なのに整番遅いので開場まで一服している

f:id:yk8_omg370:20161208174610j:image

 

よりによって東京だけど

前回来た時見れなかった展示を見れたのでよし

 

 

 

ライブに来ると毎回思うんだが

 

個性の強いグッズは自分が好きなアーティストを推し出せる一方で普段はタンスの肥やしである

 

個性の強いグッズを普段からしかもダサくならずに着こなすには相当のセンスがいる

 

 

 

つまりそういうグッズは買いたくなる衝動で買わせ、また着るためにライブに来てもらおうという戦略が入っているのだ

 

なんともいやらしい

 

 

 

しかも私が好き系なバンドに関しては流行に合わせどんどんグッズを出し、金のない学生から儲けた金で生きているのだ

 

その分若い人たちがロックの精神を感じ取り、

学んだ上で、今後社会と戦っていってくれるなら文句は言わない

 

 

 

が、そういうバンドに限ってCDを買うのがロック好きの美学とでも言うようななんともうまい無言の圧をかけてくるのだ

 

学生はそれを追いかけるためバイトばかりしてバカになり、考えもせずフェスで騒いでいる

講義には遅刻するような面々が、ここぞとばかりに早起きし、バンドに貢ぐがために早朝からグッズ販売列に並ぶのである

挙げ句の果てロックの精神どころかウェイウェイする楽しさだけを学び、周囲に迷惑をかけて笑顔で帰っていくのである

 

 

別に何が美学だとか誰が正しいロックファンだとかは興味がない

ライブ歴が長い人がすごいとも全く思わないし

自分も昔から日本のロックを担ってきた古株バンドの曲なんて全然知らないしかっこいいとも思わないからロックでしか生きてない人から見たら超ミーハーである

 

 

音楽は音で聞くし、歌詞で聞くし、

ノリでも聞くこともある

 

どのバンドが誰にあこがれて曲を書いているのかも知らないし興味もない

 

 

脈々と継がれてくるロックの血は今生み出してる音が新鮮なのであり、今の時代を示しているわけで、古いのには毛頭興味がないのだ

 

もちろん古いバンドを貶すわけではなくて

いいおじさんになろうとも遊びの延長で仕事して生きてる姿はすごくかっこいいしそういうとこから好きになったと言っても過言ではない

 

 

 

 

遠回しになったが

つまるところ何が言いたいかというと

 

そういうロックの精神を捨て若者から金を吸い取るバンドはロックではないということである

ポップ、J-POPなのである

J-POPバンドである

 

 

 

社会に媚びているロックバンドに払う金はない

と私は思う

 

曲はいいのに

 

そういう行動をしているだけで

それはもう聞くに耐えない

 

 

 

 

今の夜の中、媚びなくたって

いい曲書いてればいくらでも知れ渡るだろうに

 

 

というただのひとりごと

 

 

 

 

 

 

 

女は考えてる

 

 

日々生きてると

人間てただ生きてるだけじゃ

ダメなんだなって思う

 

 

 

考えなきゃいけなくて

悩まなきゃいけない

 

 

 

 

 

 

1つ神様に文句が言えるとしたら

なんで男と女を作ったのかということ

 

神様は快楽がお好きなんですね

 

 

 

 

まあでも

 

わからなくはない

 

 

 

 

でも別に分ける必要はないわな

 

 

いつか統合されると思う

神様も間違いに気づいた

 

 

 

 

ことだまが悪さする

 

 

いつもいつも色んなことを考えるけど

 

いいこともあれば

よくないこともある

 

 

毎日毎日良く考えるなと自分でも思う

 

 

 

 

 

 

弱気になる時もある

落ち込む時もある

 

 

弱音を吐くことが正しいのかどうかは分からないけど

 

言いたかったら言えばいいんだと思う

 

 

 

言霊って放った言葉そのものが力を持ってるって話だけど

 

力を持った言葉を内側に溜め過ぎると

自分にも影響してくるように思える

 

良くも悪くもね

 

 

 

 

やっぱりね

 

言いたいことが言えなくなるのは

苦しいし良くない方にしか傾かないと思う